幼い少年の運命は……「風の海 迷宮の岸」

本作は、人気の「十二国記」シリーズの二作目です。

今回の主役は、載(たい)国の神獣・泰麟(タイキ)。

彼は日本で生まれ育った、幼い少年。

それが十の年、いきなり次元を超えて、十二国世界に連れていかれます。

彼は本当は、こちらの世界で生まれるべきだった神獣。

ですが、ずっと人として育った彼には戸惑うことばかり。

自分が人ではなく、麒麟という神獣であること。

天の意思を受けて、王を選ぶ役目があること。

普通の麒麟が出来るはずの、姿を変えることも、妖魔の部下を持つこともできません。

それでも目の前の現実を受け入れ、懸命に役目を果たすべく奮闘します。

彼を支えるのは、女仙たちや、同じ麒麟の景麒(ケイキ)など。

当然ながら、別れた故郷や家族が恋しくなることも……母親を想って、ひっそり泣く泰麒がいじらしいです。

そして汚れのない神獣だからこそ、日本で周りに溶け込めなかった点が、なんとも切ない。

素直で愛らしくて、でも気弱で、自分に自信が持てない泰麒。

読みながら、この子を幸せにしてあげたい……と思ってしまいます。

そして彼は、ある人物と出会います。彼=驍宗(ぎょうそう)を守る為、生まれて初めて、強大な妖魔と対峙する泰麒。

そこまでさせる驍宗は、天が選んだ王なのか?

そして、彼を守り通すことが出来るのか?

泰麒は終盤、驍宗の為に、とんでもない行動をとってしまいます。

ハラハラしつつ、健気な幼い少年の行動を、固唾を飲んで見守ってしまいます。